このエントリーをはてなブックマークに追加

夏野菜は、どんどこどんどこ出来ます。うっかり収穫時を逃して実を大きくしてしまうと、株を痛め、収量減の原因になります。ですから、暑い太陽の下 毎日手をかけてお世話しなければなりません。

この時期は、近所で畑をやっている方に、ちょっといびつな夏野菜を頂きます。

ナスは柔肌で、風で葉っぱが擦れてもキズが残ってしまいます。でも、中身は大丈夫。そんなナスを沢山頂いたので、今年も干してみました。

ベランダで6時間ほどお日様に当てます。農作業には酷な強い日差しも干し野菜には最高!
半日でこんな感じに。カラカラに仕上げるには2~3日干すそうです。

このような半生状態でビニール袋にいれ、冷蔵庫で保存しています。カラカラに仕上げると、長期常温保存が可能だそうです。ただ、カラカラにすればするほど使うときにお湯で戻す時間が長くなります。

今日の夜はお肉を焼いたので、付け合せにしてみました。

ズッキーニも半日干したもの。こちらはそのままフライパンにオリーブオイルをひいて焼きましたが、ナスのほうは3分くらい水に浸してから、手で軽く水を絞って炒めました。火は直ぐに通るので、ちょっとかじってみて火を止めるタイミングを計って下さい。

食感は、干し野菜独特の 柔らかなのに歯応えがある感じで、旨みが凝縮されていて美味しいです。ついついいっぱい食べてしまいます♪ 幸せ♪

干し野菜、簡単に出来ますので、試してみて下さい! 100均でも干す道具(?)を売っているみたいですよ~~!